スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

thee michelle gun elephant / Gear Blues

083.jpg

thee michelle gun elephant / Gear Blues

1. ウエスト・キャバレー・ドライブ
2. スモーキン・ビリー
3. サタニック・ブン・ブン・ヘッド
4. ドッグ・ウェイ
5. フリー・デビル・ジャム
6. キラー・ビーチ
7. ブライアン・ダウン
8. ホテル・ブロンコ
9. ギヴ・ザ・ガロン
10. G.W.D
11. アッシュ
12. ソウル・ワープ
13. ボイルド・オイル
14. ダニー・ゴー

4thアルバム。98年発表。

ミッシェル、やっぱりカッコイイですよね。でも今聴くと神アルバムって言われるほど凄いとは思いませんね。もちろんリアルタイムでのこのアルバムの価値は高いとは思います。98年の日本で既にロックンロールリバイバルと称して出てきた外国のヘナヘナ連中よりずっとカッコイイわけですから・・・。しかもオリコン入りのおまけつきで。ただチバのがなり声も、アベのカッティングも、アルバムでは普通の音として冷静に聴けてしまうと言うか、そもそも切迫感が出てないですね。せいぜいフリー・デビル・ジャムぐらいかな。この音源上で聴けるのは。G.W.Dとかボイルド・オイルとか、この程度の圧力では悲しすぎる。ブランキーのRed Guitar~収録曲とまでは言わないけど(あれは録音が酷すぎるということもあるし・・・)、音源だけ聴いても魅力半減な雰囲気。ボリューム上げても圧をそれほど感じるわけでもなくて、平易。結局、ヴィジュアル付きと荒々しさがないと美味しくないタイプのライブバンドなのかなぁという感想です。だったらキラー・ビーチやアッシュみたいな、「ほら!俺たちこんなにロックしてるヨ!」的なアピールかます漢の音圧勝負には走ってない曲の方が聴ける。このアルバム聴くよりは、G.W.DのPVを14回リピートした方が楽しい。といいつつ、ミッシェル結構好きなので★よっつ。

★★★★
BEST TRACK! フリー・デビル・ジャム
スポンサーサイト
15:02 | Music - japanese rock | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返す

533.jpg

マキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返す

1.ぶっ生き返す!!
2.絶望ビリー
3.糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー
4.ルイジアナ・ボブ
5.ポリスマンベンツ
6.ブラック¥パワーGメンスパイ
7.アカギ
8.恐喝~Kyokatsu~
9.ビキニ・スポーツ・ポンチン
10.What's up, people?!
11.チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ
12.シミ
13.恋のメガラバ

6thアルバム。07年発表。

メロディアスとハードコアの往復。ストップアンドゴー的な予断を許さない緩急の変化。意味がありそうで意味がない歌詞に、シュールな笑いのセンス。これだけ見るとやっぱりSOADのコピーかと思ってしまうわけですが。わざわざ邦楽を聴いているのに、SOADのコピーだったら洋楽を聴けばいいので意味がない。そもそもSOADそのもので事足りるので、お話しにもならないのですが、彼等はサビをJ-POP風に仕上げてくれるので、差別化して聴けるところが好きです。ヒット曲の⑬なんかは、サビの余りのポップさにウンザリするところも無いわけではないですが、中途半端なスタイリッシュさを敢えて否定し、パクリも含めてエンターテイナーとしてピエロに徹する姿勢は好みです。オレンジレンジとの違いはそこかな。イロモノではあると思いますが、英語に聞こえそうなリズムの日本語の羅列を生み出す感覚は素晴らしく、出来そうで出来ないのではないかと。実はかなりの才能を持っているのかも知れません。とはいいつつ、芸は細かいものの、芸の幅は狭く(あえて狭くして殺傷力を高めているんでしょうが・・・)、表現性は認められるものの奥行きがないため、悲しいかなキワの線を抜け出ておらず、あまり長く聞ける作品ではないと思います。お世辞にも傑作とは言えませんが、突発的な衝撃力を求めている人にはいいのではないでしょうか。

★★★☆
BEST TRACK! ぶっ生き返す!!
23:12 | Music - japanese rock | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。