スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

マキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返す

533.jpg

マキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返す

1.ぶっ生き返す!!
2.絶望ビリー
3.糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー
4.ルイジアナ・ボブ
5.ポリスマンベンツ
6.ブラック¥パワーGメンスパイ
7.アカギ
8.恐喝~Kyokatsu~
9.ビキニ・スポーツ・ポンチン
10.What's up, people?!
11.チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ
12.シミ
13.恋のメガラバ

6thアルバム。07年発表。

メロディアスとハードコアの往復。ストップアンドゴー的な予断を許さない緩急の変化。意味がありそうで意味がない歌詞に、シュールな笑いのセンス。これだけ見るとやっぱりSOADのコピーかと思ってしまうわけですが。わざわざ邦楽を聴いているのに、SOADのコピーだったら洋楽を聴けばいいので意味がない。そもそもSOADそのもので事足りるので、お話しにもならないのですが、彼等はサビをJ-POP風に仕上げてくれるので、差別化して聴けるところが好きです。ヒット曲の⑬なんかは、サビの余りのポップさにウンザリするところも無いわけではないですが、中途半端なスタイリッシュさを敢えて否定し、パクリも含めてエンターテイナーとしてピエロに徹する姿勢は好みです。オレンジレンジとの違いはそこかな。イロモノではあると思いますが、英語に聞こえそうなリズムの日本語の羅列を生み出す感覚は素晴らしく、出来そうで出来ないのではないかと。実はかなりの才能を持っているのかも知れません。とはいいつつ、芸は細かいものの、芸の幅は狭く(あえて狭くして殺傷力を高めているんでしょうが・・・)、表現性は認められるものの奥行きがないため、悲しいかなキワの線を抜け出ておらず、あまり長く聞ける作品ではないと思います。お世辞にも傑作とは言えませんが、突発的な衝撃力を求めている人にはいいのではないでしょうか。

★★★☆
BEST TRACK! ぶっ生き返す!!
スポンサーサイト
23:12 | Music - japanese rock | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
thee michelle gun elephant / Gear Blues | top | The ピーズ / とどめをハデにくれ

コメント

#
SOAD…
すごいおじいさんはアソコもでかい
…ちょっと書いてみたくなりました。

(上海ハニーのころの)オレンジレンジも
ピエロに徹してたと思うし
個人的にはオレンジレンジのほうが面白い気がします。
どっちとも全然詳しくないので自信を持っては言えませんけど。
あと、ずっと、マキシマムザホルモンじゃなくて
マキシマムザホルモマンだと思ってました。
by: ウンチ | 2008/04/05 21:34 | URL [編集] | page top↑
# こんばんちゃ
「山田君、ウンチさんの座布団全部もってって」ものですよ。歌丸は下ネタは嫌いなのです。

ホルモマンだとキン肉マンの登場人物みたいですね。でも仲間になった次の試合で半殺しされるレベルですね。88%の確率で。

上海ハニーは好きでした。個人的にはシングルではあの曲だけかな・・・。そもそもレンジとマキシマムじゃ、歌唱力演奏力とか基礎が違いすぎるので、あまり比較にならんかもしれんです。

・・・って比較したのは私ですね。すみません。。。
メガラバのヒットでレンジと比較されることが多いようなので、引き合いに出してみました。アンチレンジは今に始まったことじゃないので、お気になさらずに。
by: パンジー | 2008/04/06 01:13 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://ukstyle323.blog70.fc2.com/tb.php/6-31decb91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。